読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルで子連れ帰省する主婦のブログ

3歳、0歳の2児のママです。主に日々の生活の出来事をブログの記事にしてます。

忙しいママに離乳食の便利な道具

ベビーレッドウィーニング (BLW)という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

ベビーレッドウィーニングとは

イギリス発祥の離乳食の方法です。

すり潰す必要はなく、食べやすい大きさで与え、赤ちゃんが自発的に食べる方法です。

テーブルの上に素材だけを置き、食べることに集中させます。

離乳食の用意が楽になる以外にも、偏食が少なくなるというメリットもあるみたいです。

注意しておかなければいけないのが、誤嚥の可能性があるので万が一の時の対処方法は事前に知っておく必要があります。

誤嚥で窒息死というのも最近よく聞くので、kidsmeのモグフィプラスというものを購入しました。

 

モグフィの使い方

f:id:yry-haga:20161207120619j:imageおしゃぶりのような形で、サックの中に時期に合わせて柔らかくした食べ物を入れます。

赤ちゃんはそれを自分で持って食べます。

サックには小さい穴が開いていて、噛むたびに少しずつ食べ物が出てくるという仕組みになっています。

食べさせるためのスプーンやお皿などは使いません。

プラスは生後6ヶ月から使えます。

スタンダードの方は4ヶ月から使えます。

 

使った感想

離乳食をスプーンで与えようとするとスプーンをつかんでしまい、なかなか食べてくれないこともありますよね。

赤ちゃんのペースに合わせて口に運んであげなくてはいけません。

うちのベビーもスプーンだとなかなか食べてくれませんでしたが、モグフィだとすごく食べてくれました。

 

BLWに興味がある方はもちろん、離乳食でなかなか食べてくれないという方もぜひモグフィ試してみて下さいね。